image毛深さにコンプレックスを感じている方は多いかもしれませんが、毛の自己処理には十分に気を付けて欲しいと思います。

毛の処理の中でも最も大変なのがワキ毛の処理です。ワキというのはそれほど見られない箇所と言うイメージがありますが、実は結構頻繁に見えてしまいます。夏服を着ると脇がちらちら見えてしまうようなデザインのものが多いですし、キャミソールやノースリーブなどオシャレを楽しみたい人にとってワキに毛が生えているというのは耐え難いことだと思います。ですのでワキ毛の処理はしっかりする必要があるのですが、この時に注意するのが利用する毛の処理道具です。

毛を処理するのに主に使われるものと言うとカミソリ、シェーバー、毛抜きなのですが実際にワキ毛の処理に適しているのは「毛抜き」です。これは一本ずつ毛を抜かないといけないので大変時間がかかり辛い思いはしますが、その分毛穴が目立ったり、色素沈殿することがないので、とても綺麗な状態の脇になります。ワキの毛の処理で使ってはいけないものは「カミソリ」です。毛抜きと違って楽に毛が処理できるので重宝されているのですが、実はこれを使うとカミソリ負けによって脇の毛穴が目立ったり、色素沈殿をしてしまいます。そうなると見かけが汚らしくなってしまい、後で後悔すると予想されます。実際にそうなってしまっては後の祭りでどうしようもなくなるので、そのようなことがないようにワキ毛の処理には「毛抜き」を使用することをお勧めします。

Vライン、Iライン、Oラインの脱毛を考えている人は

毛が濃い人はワキ毛じゃない部分も気になりますよね。特に普段は見えないけどVラインなどのムダ毛は自己処理もしにくいし、かといって彼氏がいたり水着を着たりする人はほっておけない部位です。

Vライン脱毛したいという悩みは大人の女性だけでなく、高校生でも同じです。とくに思春期の多感な時期には人一倍きになるところですよね。

でも安心してください。今は本当に脱毛が安くなってきているので、無理に自己処理しないでも、安価にVラインをキレイに脱毛することができます。医療クリニックですと、数回で5万円といった料金もざらにありますが、脱毛エステであれば無期限・無制限にVライン脱毛し放題でたったの数千円で済みます。高校生でも、親の承諾さえあれば脱毛できます。毛が濃いことに1人で悩んでいないで、ぜひ脱毛サロンを有効に活用してコンプレックスとおさらばしてください!

もしかして顔のムダ毛を自分で処理していませんか?

001そんな人はいますぐにストップしてください!顔のムダ毛の自己処理は本当に危険です!

「ちゃんと新しいカミソリ使ってるし、剃るときはちゃんとソープで泡立ててお肌に負担かからないようにやってるし、その後の保湿もちゃんとやってるから大丈夫だよ!」

そんな風に思っていませんか?それは大きな間違いです!どんなに気をつけていても、毛をそっているということはお肌の表面も一緒に削ってしまっているのです。いまは若いからそんなに目立たないかもしれませんが、年をとってお肌の抵抗力が落ちてくると、とたんにお肌のダメージが表面化してきてしまいます。そうなってからでは手遅れなのです。

じゃあどうすればいいか、顔脱毛しちゃえばいいのです。「脱毛は高い」なんていまだに思っていませんか?昔は確かに脱毛は高額な施術でしたが、今ではとても値段が安くなってきています。もちろんカミソリに比べれば高いですが、将来肌の悩みに使う化粧品のお金を考えれば全然安上がりですし、しかもキレイなお肌をキープできます!

顔脱毛といっても、そんな毛が濃くないからなんて思ってるかもしれませんが、よく自分の顔を見てみてください。頬や鼻下、顎のライン、もみあげ…うっすらと生えた毛が見えると思います。そういった産毛なども顔の脱毛では処理することが可能です。キレイに脱毛してワントーン明るくなったお肌を実感してみてください。

究極のデリケートゾーン脱毛

デリケートゾーンという言葉はかなりよく耳にしますし、聞いただけでなんとなくピンと来る言葉の響きがあります。デリケートゾーンの意味はわかっても、ハイジニーナといわれると、何のことか分からない方もまだ多いのではないかと思います。

ところがこのハイジニーナ脱毛、今、巷ではちょっとした関心を呼んでいるそうです。

まずハイジニーナ脱毛とは何かですが、これはデリケートゾーンとも密接に関わりますので、かいつまんでご説明しますと、デリケートゾーン脱毛のさらに上を行き徹底的にアンダーヘアを無毛状態にすること、つまり”パイパン”にすることです。

ですから、水着の季節に備えて単に”ハミ毛”はみっともないのでデリケートゾーン脱毛をしたいという方が、むやみにしてよい脱毛法ではありません。といいますのも、脱毛サロンでするデリケートゾーン脱毛であれば、仮にパイパンにしても周毛期と共に再びアンダーヘアも生えてきますが、医療機関でハイジニーナ脱毛をしてしまうと、元に戻すことが出来なくなるからです。

また、デリケートの脱毛を売りにしている脱毛サロンのチラシなどでも、ハイジニーナ脱毛について刷り込んだものはまだ余り見ません。

関心を呼びながらもハイジニーナ脱毛がまだそれほど一般女性の間で浸透していないゆえんだと思いますが、メリットも少なからずある脱毛であるだけに、知っておいて損はないと思われます。

ひざ下の脱毛とスキンケア

私は、ムダ毛が多い体質なのでひざ下のムダ毛の処理も悩みです。基本的には脱毛器などを使っていますが、肌が弱い体質でもあるので綺麗に保つのも大変です。なるべく、お風呂上りの肌が柔らかい時のほうが負担が少ないと思い、その時にやるようにしています。

脱毛したときは、クリームなどはつけないほうがよいとのことなので、次の日のお風呂上りは化粧水をつけて、保湿のクリームをつけます。毎日、保湿のクリームはつけるようにしていますが、脱毛したときは化粧水もたっぷりしみこませるようにしています。

すると、肌が黒ずんだり荒れたりはしなくて脱毛後も肌を綺麗に保てます。肌が荒れた状態で脱毛すると、脱毛後に肌が余計ヒリヒリしたり荒れた状態がひどくなるような気がします。脱毛の前後にしっかりスキンケアすることが大事だと思っています。

とにかく皮膚が弱く、ひざ下はかぶれたりすることが多いので、脱毛後は翌日のスキンケア後に時によって長い靴下をはいていることもあります。せっかくひざ下の脱毛をしてきれいな足になっているのですが、脱毛したことによって皮膚が弱くなっていることを感じるので、クリームをぬったあとにさらに一日長い靴下で覆っておくと楽です。その翌日からは、短い靴下や、素足になっても足がとってもきれいです。脱毛とともにスキンケアが欠かせません。

八王子の脱毛ならどこよりもひざ下脱毛がお得です。私のおすすめサロンです。

ワキ毛処理は脱毛してしまう方がラク

女性が一番脱毛した場所はやはりワキですよね。
今は夏に限らず、ノースリーブになることもあります。
だから、一年中きれいなワキのままでいるために、ワキ毛処理はかかせません。

私も今までワキ毛処理はこまめにしていました。
特に夏は半袖シャツからうっかりワキが見えることもあるので頻繁にワキ毛を剃っていました。
しかし剃れば剃るほど肌にダメージを与えてしまいます。

カミソリでよく剃っていましたが、カミソリはムダ毛を剃ってくれますが肌も剃ってしまうんです。
ワキはカーブしているので、丁寧に剃らないと傷をつけてしまうこともあるので注意が必要です。

いつか脱毛したい、と思っていた時に脱毛サロンの広告を見つけました。
キャンペーンをやっていて、安い値段で両わきの脱毛ができるとのことなので早速申し込みました。

脱毛は思っていたよりも簡単だったし苦痛なことはありませんでした。
ジェルを塗って照射し、ジェルを拭き取りローションを塗って完了です。
両わきは一番時間がかからないそうで、20分くらいで一通り終わりました。

何度かこれを繰り返すとムダ毛が減っていき、今では気にならないくらいになりました。
ワキ毛処理を毎回するより、断然脱毛の方がラクなのでおすすめです。